フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2014年6月16日 (月)

橋をくぐれば

4か月ぶりの更新です。 先日の天気のいい日に、日の出桟橋から浅草まで、隅田川ラインを水上バスで遡上しました。隅田川には、人が渡れる橋が17ほど架かっているそうですが、河口の勝鬨橋から浅草の吾妻橋まで、12の橋をくぐりました。

Dsc03680__140524_2

                              勝鬨橋

Dsc03682__140524_2

                             佃大橋

Dsc03683__140524_2

                              中央大橋

Dsc03688__140524_2

                              永代橋

Dsc03692__140524_2

                              隅田川大橋

Dsc03694__140524_2

                               清洲橋

Dsc03696__140524_2

                              新大橋

Dsc03699__140524_2

                              両国橋

Dsc03703__140524_2

                              蔵前橋

Dsc03706__140524_2

                                 厩橋

Dsc03708__140524_2

                              駒形橋

Dsc03711__140524_2

                              吾妻橋

2014年2月16日 (日)

小学校で読み聞かせ(4年生)

2月14日(金) 小学校の読み聞かせで、4年生のクラスに入りました。
雪が降り始めたので、雪に関する絵本にしました。

Dsc03166_
日本昔話の『ゆきおんな』は、雪女はそれほど怖くは描かれてはいないのですが、やはり、このストーリーだと、読み終わるとちょっと怖かったようです。
怖さを感じる絵本というのもたまにはいいものです。

Dsc03141_
『さっちゃんのてぶくろ』は、手袋だって寒いときには手袋をしたっていいだろう・・・という話。
4年生にはちょっと単純だったかも知れませんが、初めが怖かったので、軽いお話で締めくくりました。

book読んだ絵本
『ゆきおんな』(立原えりか/文 田木宗太/絵 チャイルド本社)
『こんやはすてきなゆきのよる』(しばはら・ち/作・絵 鈴木出版)
『さっちゃんのてぶくろ』(内田麟太郎/作 つちだのぶこ/絵 金の星社)

2014年2月 8日 (土)

保育園で読み聞かせ…こんやはすてきなゆきのよる

P1000273__140208
今日の東京は大雪警報の上、強風。
不要な外出は避けるようにとニュースで言っています。
読み聞かせに行く予定の保育園に行くか、止めるか、
思案のしどころでしたが、子どもたちが数人はいるとのことで、出かけました。
いつもは自転車で向かう保育園。降り積もる雪の中を、
足を取られながら40分、歩いて行きました。
子どもたちが5人、待っていてくれたので、さっそく読み聞かせ。
雪にまつわる絵本を中心に、たっぷりと6冊の絵本を読みました。

Dsc03139__140208
家のない野良猫にしてみれば、雪が降る夜は嫌な夜。でも、かわいい猫と出会い、雪がチョウチョに見えたり、団子に見えたり、大好物の魚に見えたりしながら、その白猫の愛によって暖かい家に入れれば、雪の夜はステキな出会いの夜となります。寒い夜の暖かいお話です。
大人の観点からすれば、社会から逸脱して、ひとりぼっちで淋しい雪の夜に、白い雪のように純な心を持ったステキな女性と巡り会って、ステキな夜となったお話でもあります。

book読んだ絵本
『おこじょのユキ』(あんびるやすこ/作 藤本四郎/絵)
『こんやはすてきなゆきのよる』(しばはら・ち/作・絵)
『ふゆのおばけ』(せなけいこ/作・絵)
『だいおういかのいかたろう』(ザ・キャビンカンパニー/作・絵)
『うんちっち』(ステファニー・ブレイク/作・絵 ふしみみさお/訳)
『もりのおふろ』(西村敏雄/さく)
Dsc03138_140208

2014年2月 1日 (土)

保育園で読み聞かせ…「風邪引いた」絵本

風邪が流行っています。保育園に来ている子たちは風邪を引いていないので、客観的に楽しめるかなと思って、今回は風邪引きの絵本を2冊読みました。

Dsc03105__140201
『かぜひいた』は、風邪が順繰りにうつっていき、順繰りに治っていくという、順繰りが面白い絵本です。
サルくんがキツネさんの家に行ったら、キツネさんは風邪引いていて遊べない。
ペンギンさんがサルくんちに遊びに行ったら、今度はサルくんが風邪…と、
順繰りに風邪がうつっていって、風邪がうつらなかったクマくんが、風邪を引いているライオンくんのために温かいスープを作ってもっていってあげると、ライオンくんの風邪が治って…と、今度は順繰りに治っていきます。
みんなが治ったところで、クマくんが風邪…というオチがあり、ちょっとクマくんがかわいそうですが、
順繰りの面白さと、風邪という身近な題材に、子どもたちはよく反応してくれました。

Dsc03104__140201_2
『きょうりゅうたちがかぜひいた』は、風邪を引いた子どもたちを恐竜になぞらえて、風邪をひいたときにどうするか、という絵本。この時期によく読んでいます。
子どもたちは、恐竜と違って、とてもいい子の返事ばかり。本当にそうかな…と、疑わしくも、子どもたちをことばを尊重して、楽しみました。
コミカルながらもリアリティのある恐竜の絵が好感持てます。

book読んだ絵本
『かぜひいた』(もとしたいづみ/作 なかむらさちこ/絵 偕成社)
『きょうりゅうたちがかぜひいた』(ジェイン・ヨーレン/文 マーク・ティーグ/絵 なかがわちひろ/訳 小峰書店)
『とべバッタ』(田島征三/作・絵 偕成社)

2014年1月31日 (金)

初めての経験

1月29日、仕事中の午後3時頃、突然、回転性の目眩に襲われ、動けなくなってしまいました。
ひどい嘔吐を伴い、数十分経っても治まらず、結局、救急車で運ばれてしまいました。
目眩のため目を開けることができず、その一部始終を、見定めることはできませんでした。
意識ははっきりしていたので、音だけで判断していました。

病院で点滴を受けても目眩は治まらず、そのまま入院することに。
翌日になってようやく目眩が治まったものの、フラフラしているので、
翌日の夕方になって退院し、自宅療養としてもらいました。
おかげで、やっと改善しました。

蓄積疲労による内耳性目眩とのこと。
睡眠不足がたたったようです。
初めての救急車、初めての入院でした。

今朝予定されていた読み聞かせは変わってもらいました。
これも初めてのことでした。

2014年1月19日 (日)

小学校での読み聞かせ(6年生)

1月17日(金) 今年最初の小学校の読み聞かせ。6年生のクラスに入りました。
Dsc03082__b
『とべバッタ』は、父性の感性に溢れた作品です。

草むらで恐ろしい敵に見つからないように、びくびくしながら生きていくのが嫌になり、敢えて危険な生き方を選んだバッタ。自分の力で生き抜くエネルギーを燃焼させ、誰になんといわれようと、自分の力で生きていくことを決意し、荒れ地を飛んでいったという最後がとても清々しい絵本です。

特に、「しかし バッタは、なんと いわれようと へいきだった。じぶんの ちからで とべることが うれしくて しかたなかったから。……じぶんの はねで、じぶんの ゆきたいほうへ、かぜに のって とんでいった」という件が好きです。

もうすぐ卒業し、中学生になる6年生たちに、自分の生き方を見つけてほしいという願いを込めて読みました。(今回は真面目でしたね)

book読んだ絵本
『とべバッタ』(田島征三/作・絵 偕成社)
『パパのしごとはわるものです』(板橋雅弘/作 吉田尚令/絵 岩崎書店)

2014年1月13日 (月)

保育園での読み聞かせ…やまのすもうだ!はっけよい!

1月11日(土) 新年最初の読み聞かせ。
「明けましておめでとうございます」と、挨拶をして、最初に読んだのは『十二支のはじまり』
昨年も読んだ絵本。
子どもたちは、自分の干支を知っており、「子丑寅卯辰巳…」と空んじることができ、楽しめました。

その次は、大相撲の初場所が始まるということで、読んだのが『やまのすもうだ!はっけよい!』という新刊。
Dsc03081__b富士山と桜島が関ヶ原で日本一をかけて相撲を取るというもの。
行事は、関ヶ原近くの伊吹山。日本武尊が返り討ちにあったという神話が残されている山です。

そして、日本のことば「いただきます」をテーマにした絵本『もったいないばあさんのいただきます』で、私の番を締めくくりました。

今年もいろいろな絵本を読もうっと。

book読んだ絵本
『十二支のはじまり』(岩崎京子/文 二股英五郎/絵 教育画劇)
『やまのすもうだ!はっけよい!』(しばはら・ち/作・絵 鈴木出版)
『もったいないばあさんのいただきます』(真珠まりこ/作・絵 講談社)

2014年1月 4日 (土)

気持ちも新たに

Dsc03072__b_2

新たな年を迎え、書棚の整理をしました。

いや、年末から取りかかり、正月も整理を続けていました。
学生時代から大事に持っていた本を思い切って処分し、
絵本を中心とした書棚に変えました。
とりあえす、サイズで突っ込んだだけなので、あとで、探し出すのが大変。
そのうち、自然と分かり易い配列になることを期待しながら・・・。

書棚の整理だけでなく、部屋も移動したので、
古いパソコンを処分したり、ゴミの山との格闘でした。

積んであった絵本の山を整理しながら、
絵本って、なんでこうもサイズがバラバラなんだろう。
小説のように、判型が揃っていると、並べ易いのにな・・・
などと、ぶつくさ呟きながら作業を続けました。

でも、すっきりすると、気持ちがいい。
さあ、2004年、頑張るぞー。

2013年12月22日 (日)

怖い場所がまたなくなった

子どもが通った保育園のそばの鬱蒼とした林が
突如、そっくりなくなってしまいました。
Dsc02813__b
大きな木が繁り、小鳥たちが集い、秋にはドングリの宝庫だった林。
あれよあれよという間に、木はすべて伐採され、掘り起こされました。
林のそばの道は日中でも暗く、たった10メートル足らずの通りなのに、
子どもにとっては怖い場所で、
その道を通るたびに、子どもはその怖さを楽しんでいました。
Dsc02853__b
田舎で暮らしていた頃、月のない夜は真っ暗でした。
でも、今は街灯があり、真っ暗という状態はありません。
せめてもの怖い林の道もなくなってしまい、またひとつ、怖い場所がなくなりました。
Dsc03000__b
明るい道では、『あかずきん』の気持ちも体験できませんね。
と思うのは、取り越し苦労かもしれませんが・・・。
ちょっと淋しい気もします。

2013年11月 4日 (月)

ミカンの名産地

11月3日〜4日、和歌山県に行ってきました。

Dsc02835__b
ミカンの名産地である小さな町で絵本のイベントがありました。

Dsc02817___b
地元の手料理をたらふくごちそうになりました。もちろん、お酒も…。

Dsc02846__b
翌日は、やっぱりミカン狩り。

楽しい2日間でした。

2013年9月 3日 (火)

ちょっと遠出

先週、ちょっと遠出をしてきました。
行き先は山口県の防府。中年三人組が知り合いを訪ねての旅でした。

夜行寝台特急がまだ走っているとのことで、東京駅発22:00のサンライズ瀬戸・出雲に乗り込みました。
Dsc02445__b

乗り込むや小さなラウンジで、ワインを空け、落ち着いた気分で個室へ。
Dsc02458__b

個室シングルなので、ゆったりと横になっての旅行。久し振りでした。
Dsc02447__b

それも2階建て上段の部屋なので、窓が天井側へカーブしていて、空を眺めることができます。
Dsc02455__b_2

翌朝6:30に岡山に到着。高松行きと出雲行きの連結列車なので、ここで切り離し。
我々は、新幹線に乗り換えです。
Dsc02459__b

そして、新山口で在来線に乗り換えて、目的の防府駅に到着。8:30でした。
Dsc02464__b

まだ早いので、駅前でうどんをすすり、開いている喫茶店をなんとか見つけて、時間つぶし。
久し振りの夜行寝台列車での旅(新幹線が未発達の頃はよく夜行寝台車を利用していました)、中年三人組の珍道中も乙なものでした。

2013年9月 1日 (日)

8月の読み聞かせ

8月24日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02587_0824_b『めがねうさぎの うみぼうずがでる!!』(せなけいこ/作・絵 ポプラ社)
『せーのジャンブ』(ふかがわなおみ/作・絵 福音館書店)


8月17日(土)
<T書店で読み聞かせ>
『わりとけっこう』(中川ひろたか/文 長新太/絵 絵本館)
『すいかのめいさんち』(平田昌広/作 平田景/絵 鈴木出版)
『ちくわのわーさん』(岡田よしたか/作 ブロンズ新社)

<民間図書館で読み聞かせ> 同日
Dsc02432__b『かかかかか』(五味太郎/作・絵 偕成社)
『がんばれかぶとむし』(七尾純/作 久保秀一/写真 偕成社)
『わにわにのおでかけ』(小風さち/文 山口マオ/絵 福音館書店)
『わりばしワーリーもういいよ』(シゲタサヤカ/作・絵 鈴木出版)
『もぐもぐもぐ』(よねづゆうすけ/作・絵 講談社)
『うどんのうーやん』(岡田よしたか/作 ブロンズ新社)

2013年8月22日 (木)

7月の読み聞かせ 2

7月の読み聞かせの続きです。
なぜか、紙芝居をやってみたくなったみたいです。

7月21日(日)
<お寺本堂おはなし会で読み聞かせ>
Dsc02430__b紙芝居『モンゴルの白い馬』(モンゴル民話 唯野元弘/脚本 降矢洋子/絵 鈴木出版)


7月20日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02429_130720_b紙芝居『はしの上のおおかみ』(奈街三郎/原作 長野ヒデ子/脚本 ミノオカ・リョウスケ/絵 鈴木出版)
『もったいないばあさん』(真珠まりこ/作・絵 講談社)…3分
『わりばしワーリーもういいよ』(シゲタサヤカ/作・絵 鈴木出版)…2.5分
『おいしいおほしさま』(林木林/作 たごもりのりこ/絵 鈴木出版)…2.5分


7月16日(火)
<小学校2年生に読み聞かせ>
Dsc02427_130716_b『ねこざかな』(わたなべゆういち/作・絵 フレーベル館)…3分
『ばあちゃんのおなか』(かさいまり/文 よしながこうたく/絵 教育画劇)…3分
『すいか』(石津ちひろ/文 村上康成/絵 小峰書店)…3.5分
『わりばしワーリーもういいよ』(シゲタサヤカ/作・絵 鈴木出版)…2.5分


7月13日(土)
<J書店おはなし会で読み聞かせ>
Dsc02425_130713_b『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
『すいか』(石津ちひろ/文 村上康成/絵 小峰書店)…3.5分
『わりばしワーリーもういいよ』(シゲタサヤカ/作・絵 鈴木出版)…2.5分
『まねしんぼう』(みやにしたつや/作・絵 岩崎書店)…3分


7月5日(金)
<小学校6年生に読み聞かせ>
Dsc02424_130705_b紙芝居『花咲き山』(斎藤隆介/原作 水谷章三/脚本 梅田俊作/絵 鈴木出版)

2013年8月20日 (火)

7月の読み聞かせ 1

7月2日(火)
某小学校で、1年生から5年生まで、学年ごとに読み聞かせをしました。

<小学校1年生に読み聞かせ>
Dsc02171__b『はじめまして』(新沢としひこ/作 大和田美鈴/絵 鈴木出版)…2.5分
『きょうりゅうのたまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分
『にゃーご』(宮西達也/作・絵 鈴木出版)…5分
『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
※初めて対面する子どもたちなので、「はじめまして」という挨拶を歌でしました。


<小学校2年生に読み聞かせ>
Dsc02119__b『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『しりとりのだいすきなおうさま』(中村翔子/作 はたこうしろう/絵 鈴木出版)…4分
『うしはどこでも「モ〜!」』(エレン・スラスキー・ワインスティーン/作 ケネス・アンダーソン/絵 桂かい枝/訳 鈴木出版)…4分
『おっとっと』(木坂涼/作 高畠純/絵 講談社)…3分
※最初に、拍手をしてもらうという参加型で一体化を図りました。


<小学校3年生に読み聞かせ>
Dsc02121__b『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『つきよのくじら』(戸田和代/作 沢田としき/絵 鈴木出版)…6分
『むらの英雄』(わたなべしげお/文 にしむらしげお/絵 瑞雲舎)…6分
『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
※まず、各ページで聞き手に問いかけながら進める対話型の絵本で始めました。


<小学校4年生に読み聞かせ>
Dsc02124__b『うしはどこでも「モ〜!」』(エレン・スラスキー・ワインスティーン/作 ケネス・アンダーソン/絵 桂かい枝/訳 鈴木出版)…4分
『としょかんねずみ』(ダニエル・カーク/作 わたなべてつた/訳 瑞雲舎)…10分
『キャベツくん』(長新太/文・絵 文研出版)…4.5分
※英語、フランス語、スペイン語などでの動物の鳴き声表現の違いを楽しみながら始めました。


<小学校5年生に読み聞かせ>
Dsc02117__b『どろんこハリー』(ジーン・ジオン/文 マーガレット・ブロイ・グレアム/絵 わたなべしげお/訳 福音館書店)…4分
『ヘンリー・ブラウンの誕生日』(エレン・レヴァイン/作 カディール・ネルソン/絵 千葉茂樹/訳 鈴木出版)…11分
『こんもりくん』(山西ゲンイチ/作・絵 偕成社)…5分
※幼児期に読んでもらったであろうロングセラー絵本を最初に読み、絵本を読んでもらった頃を懐かしく思い出してもらいました。

2013年8月18日 (日)

6月の読み聞かせ

引き続き、6月の読み聞かせ活動です。

6月29日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02422_130629_b『ぼくのおじいちゃんのかお』(天野祐吉/文 沼田早苗/写真 福音館書店)…2分弱
『せなかがトン』(平田昌広/作 にしむらあつこ/絵 鈴木出版<こどものくに・たんぽぽ版8月号>…2分
『むらの英雄』(わたなべしげお/文 にしむらしげお/絵 瑞雲舎)…6分
『くわどん』(みうらし〜まる/作・絵 鈴木出版<こどものくに・ひまわり版8月号)…6分
『からすのたまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分


6月28日(金)
<小学校1年生に読み聞かせ>
Dsc02421_130524_b『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『たまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分


6月22日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02420_130622_b『ばあちゃんのおなか』(かさいまり/文 よしながこうたく/絵 教育画劇)…3分
『森のイスくん』(石井聖岳/作・絵 ゴブリン書房)…4.5分


6月21日(金)
<小学校2年生に読み聞かせ>
Dsc02419_130621_b『しりとりのだいすきなおうさま』(中村翔子/作 はたこうしろう/絵 鈴木出版)…4分
『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
『たまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分


6月15日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02418_130615_b『やさいさん』(tupera tupera/作・絵 学研教育出版)…2分
『でんせつのきょだいあんまんをはこべ』(サトシン/作 よしながこうたく/絵 講談社)…6分弱
『おっとっと』(木坂涼/作 高畠純/絵 講談社)…3分
『もったいないばあさん』(真珠まりこ/作・絵 講談社)…3分
『はなかっぱ』(あきやまただし/作・絵 メディアファクトリー)…4分強


6月8日(土)
<保育園で読み聞かせ>
Dsc02417_130608_b『キツネのおとうさんがニッコリわらっていいました』(みやにしたつや/作・絵 金の星社)…
『すいか』(石津ちひろ/文 村上康成/絵 小峰書店)…3.5分
『すいかのめいさんち』(平田昌広/作 平田景/絵 鈴木出版)…2.5分
『はーい』(みやにしたつや/作・絵 アリス館)…1分

2013年8月17日 (土)

5月の読み聞かせ

ずっと怠けていた記事。
5月以降の読み聞かせ記録を随時アップしていきます。


5月24日(金)
<小学校1年生に読み聞かせ>
Dsc02416_130524_2『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『たまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分
『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分


5月18日(土)
<某幼稚園絵本まつりで読み聞かせ>
Dsc01820_130518_b_2『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分
『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『まねしんぼう』(みやにしたつや/作・絵 岩崎書店)…3分
『まるまる』(中辻悦子/作・絵 福音館書店)…1分
『いいおかお』(さえぐさひろこ/文 アリス館)…1.5分
『うんちっち』(ステファニー・ブレイク/作・絵 ふしみみさを/訳 PHP研究所/あすなろ書房)…2.5分
『なりたいものだらけ』(ジェリー・スピネッリ/作 ジミー・リャオ/絵 ふしみみさを/訳 鈴木出版)…2.5分
『こんもりくん』(山西ゲンイチ/作・絵 偕成社)…4.5分


5月10日(金)
<小学校1年生に読み聞かせ>
Dsc02415_130510_2『きりのもりのもりのおく』(ニック・シャラット/作 木坂涼/訳 フレーベル館)…4分
『たまごにいちゃん』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…4分
『たまごにいちゃんといっしょ』(あきやまただし/作・絵 鈴木出版)…3.5分
『どうぶつサーカスはじまるよ』(西村敏雄/作・絵 福音館書店)…4.5分

2013年5月 4日 (土)

GW…上野の森親子フェスタ2013

今年も5月3日〜5日の期間、上野公園で開催されている「上野の森親子フェスタ」に出かけています。
作家さんもあちこちでサイン会をしているので、
今日もつい、目が合った作家さんの本を買ってしまいました。

会場をうろうろしていると、知り合いにも出会います。
今日は遠くからいらっしゃった知り合いと出会い、楽しく語ることもできました。
昨日、今日と天気も良く、うろうろするだけでも気持ちが晴れ晴れとします。

写真は昨日、初日の写真です。
明日の最終日も会場をうろつく予定です。

Dsc01747__b

2013年4月29日 (月)

久し振り

なんと、2か月もの間、放置してしまいました。その間、読み聞かせをしていなかった訳ではないので、単に怠けていただけです。
復活の勢いをつけるため、助走を始めます。

世の中はゴールデンウィーク。NonbillyもGWです。

27日の土曜日は、ホームグランドの保育園に読み聞かせに。ところが、保育園ではフジ祭りを午前中に行い、子どもは3人しか残っていないとのこと。一人はまだ座れない赤ちゃん。
読み聞かせは中止にしました。
そのまま、夜の絵本の勉強会へ。

28日の日曜日は、急遽、三島に赴き、絵本作家さんに会ってきました。

29日の今日は、仕事が溜まっているので会社に行く予定です。

30日は通常の仕事。その後、田舎に帰ります。片道6時間くらいかかります。

1日は、父親の13回忌。その後、帰京予定。

2日は、通常の仕事。

3日〜5日は、上野公園でのイベントで読み聞かせをします。

全くのオフは6日だけの予定。

まさしく、ゴールデンウィークです。

2013年2月20日 (水)

高知で坂本龍馬に会ってきた

出張で高知に行きました。
現地の人と車で回ったのですが、その合間に、高知で思いつくものをあげ、
車で回ってもらいました。

1.高知に来て、龍馬に会わずには帰れません。まずは、桂浜坂本龍馬像
天気が悪くて荒れた桂浜の海を見ている龍馬に会ってきました。

P1000248__b
P1000255__b

2.はりまや橋。車から眺めただけです。写真は撮りませんでした。


3.高知駅前の三傑の像。向かって左から、武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎です。
最近まで、坂本龍馬は貸し出されていたそうでが、もう戻っていました。

P1000259__b

4.高知と言えば鰹のたたき。藁焼きの鰹のたたきを塩とタレでいただきました。
炙りたては美味かったですよ。

P1000261__b

5.最近忘れられ気味ですが、高知で有名なのは土佐のオナガドリ。特別天然記念物です。
空港に向かう途中に長尾鶏センターを見つけ、オナガドリも見てきました。
帰りの飛行機の時間を気にしながら、おばさんの説明を聞きました。

P1000269__b

仕事で行ったのか、観光だったのか…。

2013年2月13日 (水)

全国訪問おはなし隊

講談社の90周年記念事業としてスタートした
「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」は、
絵本を積んだ2台のキャラバンカーで、それぞれ全国を訪問しています。
http://www.kodansha.co.jp/kids/ohanashi/index.html

Dsc01293__b
緑色の1号車の読み聞かせボランティアとして参加しました。
おはなし隊の存在は前々から知っていたのですが、読み聞かせで参加したのは初めてでした。
読むだけでなく、セッティングや見学のときの対応など、結構気を遣いました。
でも、いつもと違ったシチュエーションでの読み聞かせは面白かったです。
また、来月も1回、参加する予定です。

«保育園で読み聞かせ…十二支のはじまり

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Nonbillyの本棚

  • ココログ本棚